狩猟本能を刺激するフードパズルの効果と作り方

フードパズル

 

最近では猫を完全室内飼いすることが一般的になり、家の中でのみ生活する猫が増えました。交通事故や感染病のリスクを考えれば、愛猫の健康を守るために室内飼いを徹底することは非常に重要なことです。

 

しかしデメリット面もあります。室内飼育の猫の生活サイクルは、1日中寝て、時々毛繕いをして、与えられた食事を食べたらまた眠る、といった流れです。猫の睡眠時間がいくら長いと言っても、生涯このワンパターンの繰り返しではさすがに退屈です。運動不足は肥満や様々な病気の原因になり、ストレスが溜まることで粗相や凶暴化などの問題行動に繋がると言われています。

 

そこで話題になっているのが「フードパズル」、別名パズルフィーダーとも呼ばれるアイテムです。あまり耳馴染みがないかもしれませんが、分かりやすく言うと、猫が遊びながらエサを食べる給餌器です。単なるオモチャのようにも思えますが、ストレス解消や健康管理になることから、多くの飼い主が導入しています。

 

今回はフードパズルをテーマに、その効果や使い方、さらに自作する方法などをご紹介していきたいと思います。ひょっとしたら愛猫の問題行動がなくなるかもしれませんよ。

 

 

猫のQOLを高めるフードパズル

フードパズル

 

フードパズルを使うメリットとして、まず挙げられるのは、ゆっくり食べさせることができる点です。時間をかけて食べると満腹中枢が働き、満腹感を感じやすくなります。血糖値の急激な上昇を抑制したり、消化に使うエネルギー量が増えるなど、ダイエットに効果的なのです。キャットフードを吐きやすい猫にも最適です。

 

また頭を使って試行錯誤することが、猫にとって狩りの疑似体験にあたります。猫は狩りで獲物を捕る肉食のハンターです。困難な状況を乗り越えて食糧を得ることが狩猟本能を満たし、それが猫のストレスを軽減させます。

 

これらの効果については、アメリカの大学病院が30匹の猫を対象にフードパズルの効果について調査した結果、肥満気味だった猫にダイエット効果が見られたことで明らかになっています。最大で20%もの減量に成功し、この内容が猫専門の学術雑誌「Journal of Feline Medicine Surgery」に取りあげられました。

 

さらに年齢関係なく、どんな猫でも利用できるところもポイントです。とくに運動量が低下しやすいシニア猫や障害を持っている猫も、自分のペースでできるのでお勧めです。ほんのちょっとしたことですが猫の環境に変化を与えると、QOLの向上に大いに役立ってくれるのです。

 

 

最初のレクチャーが興味を持たせる要

初めてフードパズルを使用するとき、単に与えっぱなしになってはいけません。猫にとってフードパズルは異質な存在で、どう使うべきかも分かりません。興味を持ったとしても、すぐに飽きてしまう猫もいます。

 

最初は飼い主も一緒になって遊んであげることが大切です。中にオヤツを入れるところから見せて、どうやって出すのか実際にレクチャーしましょう。猫が上手く取り出せたら、思いきり褒めてあげます。ある程度モチベーションを上げることができれば、後は自分で遊び始めます。

 

興味を惹くために、空腹時を狙うと効果的です。お腹が空いていると一生懸命チャレンジします。置きエサの習慣がある場合は、これを機にやめてみましょう。留守中にフードパズルを設置していくのもいいですね。嗅覚に敏感な猫ですから、匂いの強いオヤツを使うのも有効です。

 

 

自作フードパズルで手軽にチャレンジ

色々なタイプのフードパズルが販売されていますが、じつは家にあるものでも手作りできます。簡単に作れるので、手先が器用でなくても大丈夫です。

 

最も手軽な方法は、紙コップを両面テープで固定するやり方です。コップの中は顔が入らないので、猫は手を使って取ろうとします。コップの直径を小さくすれば、その分難易度が高くなります。製氷皿や卵パックなど、小さな凹凸がある容器もフードパズル向きです。

 

ペットボトルやカプセルトイの容器などは、転がしながら遊ぶフードパズルに流用できます。オヤツが少しずつ出てくる大きさの穴を開けておきましょう。

 

空き箱に穴を開けて、モグラたたきのような見た目にするのも、猫の好奇心をくすぐります。ティッシュの箱くらいの大きさが使いやすいでしょう。穴は大きすぎず小さすぎず、猫の手がちょうど入るサイズが目安です。

 

 

フードパズルを使用するときの注意点

難易度が高すぎると、逆にストレスになることもあります。初めてフードパズルを使うときは、比較的簡単な仕掛けを選んだり、オヤツがすぐに取れるようにしておきましょう。

 

今まで使用していた食事用の器を、いきなりフードパズルに変更するのもいけません。最終的に普段のご飯もフードパズルで与えることができればベストですが、徐々に切り替えることが重要です。場合によっては猫が絶食状態になり、脂肪肝を発症させることも考えられます。

 

事故にも注意しなければなりません。飼い主が見守れる状況下で、安全を確保しながら使用してください。とくに自作のものは壊れやすく、割れた破片などを誤食する恐れもあるため、留守中に使わせるのは大変危険です。

 

構造が複雑にできているものは、洗浄が不十分になりがちです。雑菌繁殖のもととなるので細かい部分までしっかり洗い、完全に乾燥させてから使用してください。洗えないものは定期的に新しいものと取り替えましょう。

 

転がすタイプのフードパズルはオヤツの粉が散りやすく、掃除の回数が増えます。床がフローリングの部屋があれば主にそこで遊ばせるようにすれば、最小限の手間で済むでしょう。また小さいものだと家具の下に入り込んでしまうので、隙間を塞ぐなどの対策も必要です。

 

 

フードパズルは学習能力の高い猫にピッタリ

フードパズルは脳に刺激を与えるだけでなく、自分で手に入れるという過程を楽しむツールになります。最初のうちは上手く使えずに、飽きられてしまうこともあるでしょう。しかし猫の学習能力は非常に高く、飼い主がきちんと教えることで必ず使えるようになります。

 

毎日欠かすことなく目一杯遊んであげることが一番いいのでしょうが、なかなかそうもいきません。フードパズルの導入が猫のストレスの解消に役立つのなら、これは是非とも試しておきたいところです。日中は仕事で留守がちな家庭にもお勧めです。あなたの愛猫にもいかがですか?

 



にゃん事典トップページへのリンク

関連ページ

ドライ、ウェット、グレインフリーの違い
キャットフードのドライ、ウェット、グレインフリーの違いをまとめて、どれが猫にとって最適なのか考察しました。
グレインフリーとは
猫は肉食なので穀物に多く含まれる炭水化物をうまく消化することができず膵臓に負担がかかるというデメリットがあります。グレインフリーキャットフードのメリットはアレルギー対策、下痢・便秘対策、肥満予防です。選ぶ際は猫の年齢や状態に合わすことが大事です。
切り替え方のコツ
キャットフードを変える場合は、1週間かけて徐々に新しいキャットフードへ移行することが大事です。急に餌を変えると胃腸を壊したり、吐いたりします。
賞味期限
キャットフードの賞味期限は猫が安全に美味しく食べられる時間です。ただし時間が経過すると風味や質感が劣化するので、できるだけ早めに消費することが大事です。
適正な給与量
子猫は体重に200kcalをかけた数値、成猫は体重に80kcalをかけた数値が一日必要なエネルギー量です。それを元に2〜3回に分けてキャットフードを与えるのがよいでしょう。各キャットフードの包装に100g当たりのカロリーが記載されているので、必ず参考にしてください。
酸化を防ぐ保存方法
キャットフードに含まれる脂質は酸素に触れると酸化し、猫の体内に蓄積して細胞をむしばんでいき、下痢やおう吐、発疹などの病気の原因となります。酸化をを防ぐには密封保存したり、できるだけ早く消費することが大事です。
保存場所と容器
キャットフードのドライタイプは一つの袋を長期間に渡って使用するため、適切な保存方法が必要です。また真空パックなど保存に適した容器を用いることで、品質の劣化をある程度抑えることができます。
食べない理由と対処法
猫がキャットフードを食べない理由は味の飽き・食器・環境の変化によるストレス・加齢・病気などが原因です。うまくキャットフードを食べさせるには、トッピングをつけたり、温めて臭いを強めたり、ローテーションで味に変化を混ぜたりすることです。
糞尿の臭い
臭いが強いキャットフードを食べると、その猫の糞尿の臭いも強烈になる傾向があります。茶カテキンが配合されるキャットフードは消臭効果があるのでおすすめです。ただし餌の切り替え方には気を付けてください。
フードボウル
猫が毎日使うキャットフード用のお皿(フードボウル)は、大きさ・深さ・重さ・材質の4点に注目して選びましょう。特に形状によって猫の髭があたったり、深すぎて食べにいことがあるので注意が必要です。
ねこまんま
白米に味噌汁や出汁を取った後の煮干し、かつお節、魚の骨などを混ぜた残飯がねこまんまです。ねこまんまは人間の残飯を用いるので、基本的にキャットフードの代わりにはなりません。しかし正しい知識を持って適切に作れば安全なキャットフードになります。
歴史
ペットフードは19世紀イギリスで生まれ、20世紀に入りアメリカを中心にドッグフードとキャットフードが販売されるようになりました。日本のキャットフードの歴史は1972年から始まり、経済成長に伴うペットブームと共に発展してきました。
飽きない理由
猫は人間と比べて味覚が鈍感ですが、苦味と酸味には敏感です。子猫から与えているキャットフードは飽きないことが多いですが、湿気や鮮度などで食べなくなることがあります。飽きさせないためには猫用ふりかけやおやつをトッピングするなどの工夫も大事です。
免疫力
猫の免疫力を向上させることで寿命を延ばすことが可能です。良質なキャットフードで善玉菌を増やすか、運動・ストレス発散により猫の免疫力をつけることが可能です。市販の安価なキャットフードは添加物や炭水化物が多く含まれており、悪玉菌が増えるので逆効果です。
トッピング
猫がキャットフードを食べない時は市販の猫用オヤツやウェットフードをトッピングを与えることで食べさせることができます。また牛肉や豚肉など手作り食材なども効果的です。トッピングを充てる際の注意点もまとめました。
危険性の高いキャットフードの見分け方
猫にとって危険性のある原材料をまとめました。有名ブランドのキャットフードにも有害な食材が使われている可能性があるので、成分表・原材料一覧をしっかりと確認することが大事です。
防災
災害発生時にペットをどのように守るべきかの心構えをまとめました。キャットフードは1ヶ月分備蓄しておき、キャリーバッグや首輪・リード、常用している薬、飲み水、トイレなどの身のまわりのアイテムも準備しておくことが大事です。
長生きのヒント
飼い猫を長生きさせるために必要なキャットフードのポイントをまとめました。また、食事以外で気を付けたいこととして病気のリスクや原因も紹介しています。最終的には猫のQOLは飼い主次第なので、後悔しない飼い方を心がけましょう。
獣医師推奨の秘密
獣医師推奨または監修されたキャットフードの秘密について解説します。普通のキャットフードとの違いは単に獣医師が関わっているかどうかで、原材料が何かどうか、品質が良いかどうかは関係ありません。