生後2ヶ月〜12ヶ月の子猫におすすめのキャットフードランキング

私が今飼っている猫は生後2ヶ月半くらいの時にブリーダーから購入しました。イギリスにいた時と違うのは、日本には「子猫用キャットフード」が沢山あるんですよね!当然のように聞こえますが、イギリスに限らず欧米では日本のように年齢を細かく分けたキャットフードはそれほど多くありません。大抵は全年齢対象(全ライフステージ対応)です。

 

国の事情はともかく、せっかく日本には子猫専用のキャットフードがあるのだから、おすすめ順にランキングで紹介していきたいと思います。ただ基本的に海外ブランドは「子猫から与えて大丈夫な全年齢対象」キャットフードが多いので、それらも合わせて紹介します。

 

※子猫用と成猫用の違いについて
主な違いはカロリーです。成長期には多大なエネルギーと栄養を必要としているので、日本で子猫用とされているのは高栄養価・高カロリーです。海外ブランドは元々栄養価が高いものが人気で、給与量によってカロリーを調節しようという考え方が一般的です。

 

子猫用キャットフードランキングの評価基準
  1. たんぱく質含有量が高め
  2. 人工添加物・保存料なし
  3. しっかり食べてくれる(食いつきの良さ)
  4. 比較的粒が小さめ

 

1位 モグニャン

モグニャンキャットフードの外観

 

モグニャンキャットフードはカナガンの輸入総代理店である株式会社レティシアンがイギリスのペットフードの専門家と協議して開発したオリジナルブランドです。グレインフリーとして名が高いカナガンの良いところに加えて、よりキャットフードの理想形に近づくように1年以上かけて完成しました。

 

モグニャンは全年齢対象なので生後2ヶ月から与えることができます。包装に給与量の目安が書いてあるので、月齢に合わせて量を調整して与えます。

 

モグニャンキャットフードをボールに入れた様子

 

主な原材料は白身魚が63%含まれており、ミールやエキスは使わず、猫にとって良質なたんぱく質を詰め込んでいます。また、バナナやリンゴ、クランベリーなど効果で栄養豊富なフルーツだけでなく、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが含まれるビール酵母も入れて総合栄養食としての付加価値を高めています。
>>モグニャンキャットフードの評判と口コミはこちら

 

お値段はこちら

1.5kg 3,960円です。公式サイトが最安値で、定期購入で割引あります。

 

>>公式サイトはこちら

 

 

2位 オリジン

オリジンキャットフード

 

オリジン(Origen)はカナダのグレインフリーキャットフードで、全年齢対象なので生後2ヶ月から与えることができます。包装に給与量の目安が書いてあるので、月齢に合わせて量を調整して与えます。

 

オリジンキャットフードの粒

 

オリジンの特徴は原材料すべてをカナダ国内で生産していることです。肉も魚も、果物も野菜も全てです!「チキン」と「魚」の2種類ありますが、どちらもたんぱく質含有率が40%を超えるので、成長期の子猫をでかく、骨太にするには最適のキャットフードです。

 

オリジンの公式サイトで表示されている定価は2.27kgで7,000円くらいですが、amazonでオリジンの最安値を調べたほうが圧倒的に安いです。
>>オリジンの評判と口コミ

 

ここが子猫におすすめ

高たんぱく質で体をでかくする!

 

>>オリジン公式サイトはこちら

 

 

3位 シーバ デュオ 子ねこ用

シーバ デュオ 子ねこ用

 

シーバ デュオ(Sheba DUO)は様々なペットフードブランドを持つグローバル企業マースのキャットフードブランドです。成猫用とは別に子猫用があります。

 

シーバ デュオ 子ねこ用の粒

 

シーバ デュオ子ねこ用の特徴は粒が二層構造になっており、カリカリの中がクリーミーになっています。また1箱の中に2種類の味が用意されており、各5袋ずつ個別包装されているので非常に便利です。

 

200g(20g×10袋)で300円ぐらいです。大きめのスーパーやショッピングモールに置いていると思います。置いていない場合は若干高くなりますがamazonでシーバデュオ子ねこ用を購入できます。
>>シーバ デュオの評判と口コミ

 

ここが子猫におすすめ

嗜好性の高いカリカリが食いつき抜群!

 

シーバ デュオ公式サイト

 

 

4位 フィリックス やわらかグリル 子ねこ用

フィリックス やわらかグリル 子ねこ用

 

フィリックス(felix)はネスレのキャットフードブランドの一つです。写真のように袋に入ったウェットフードタイプ(パウチ)の子猫用総合栄養食です。同種類に成猫用もありますが、似たようなデザインなので間違わないでください。

 

フィリックス やわらかグリル 子ねこ用の粒

 

フィリックスやわらかグリル子ねこ用の特徴は肉の塊がゴロンと入っており、本来肉食である猫の本能を呼び覚ますかのような嗜好性の高さです。嗜好性だけはランキング上位よりも高いと思います。口が小さい猫に与える場合は大きめの肉塊をほぐしてあげるとよいでしょう。

 

1袋80円前後が一般的です。格安スーパーなどでは60円台もあるのでウェットフードにしては安いほうです。amazonのフィリックス やわらかグリル 子ねこ用は少し高めなので、近場のスーパーで大量買いしたほうがよいです。ただドライフードと比べると割高になるので、ローテーションで挟んであげるのが良いでしょう。
>>フィリックス やわらかグリルの評判と口コミ

 

ここが子猫におすすめ

食いつき抜群!ローテーションの1つに!

 

フィリックス公式サイト

 

 

5位 シンプリー

シンプリーキャットフード

 

シンプリー(Symply)はイギリスで開発されたグレインフリーキャットフードです。全年齢対象なので生後2ヶ月から与えることができます。包装に給与量の目安が書いてあるので、月齢に合わせて量を調整して与えます。

 

シンプリーの粒

 

シンプリーの特徴は新鮮なサーモンやニシンを使い魚独特の風味を生かした嗜好性の高さです。普段チキンがメインのキャットフードを与えているならば、いつもと違う味にむしゃぶりつくこと間違いありません!

 

1.5kgで3,960円です。シンプリー公式サイトで通販限定販売です。
>>シンプリーの評判と口コミ

 

ここが子猫におすすめ

サーモン・ニシン・白身魚・マス!お魚大好き!

 

>>シンプリー公式サイトはこちら

 

 

 

とりあえず子猫におすすめのキャットフードランキングとして5つ紹介しました。

 

私はここで紹介したブランドは全部子猫の時に一度与えています。猫は子猫の時に食べた物は大人になっても食べますが、大人になって初めて食べるのは慣れるのに時間がかかります。ちょうどグレインフリー(穀物不使用)、普通のドライフード、ウェットフード(パウチ)の3つの異なるタイプがランキングに入っているのは、そのような事情も加味しています。

 

全部与えた中で食いつきや栄養バランスを考えて、朝にカナガン、昼にフィリックスやわらかグリル、夜にシーバデュオを与えています。もっとご飯を欲しがった時はオリジンを足しています。これで私が飼っている卑弥呼はかなり大きく成長しましたし、お腹を壊すことなく毎日快便です。

 

ぜひ皆さんの子猫にも美味しくて高栄養価のキャットフードを与えてみてください。

 

きっと喜びますよ!

関連ページ

無添加で安全
猫にとって安全・安心できる原材料が使われていて、人工添加物・保存料、着色料などが入っていない無添加のキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。沢山ある無添加キャットフードの中から食いつき・安全度・おすすめ順にまとめました。
ウェットフード
人気のウェットタイプ(缶詰・パウチ)のキャットフードをおすすめ順にランキングで紹介します。ウェットフードはドライフードと異なり嗜好性が高いので人気があります。ランキング上位は安全でおすすめのプレミアムフードの総合栄養食です。
ドライフード
ドライタイプのおすすめキャットフードランキングです。子猫から高齢まで与えられる人気の総合栄養食です。小分けは保存が便利で、大容量タイプは激安です。ウェットと混ぜると食いつきがよくなります。ドライフードのランキング上位は安全でおすすめです。
グレインフリー
市販のグレインフリーキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。穀物不使用なので低カロリーで高たんぱく質です。原材料が厳選されるのでアレルギー体質の猫にもおすすめです。ランキング上位のグレインフリーキャットフードはイギリス産が多いです。
イギリス原産
ペット先進国と言われるイギリス原産のキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。イギリスではキャットフードの品質基準が厳しいので、ランキングでは猫にとって最良のおすすめブランドを見つけられるでしょう。
アメリカ原産
世界で最も多種多様なブランドがあるアメリカ原産のキャットフードをおすすめ順にランキングにしました。アメリカも食品審査基準が非常に厳しいのでランキングでは安心できるおすすめのキャトフードだけ厳選しています。
栄養価が高い
栄養価の高いキャットフードを厳選して、おすすめ順にランキング形式で紹介します。愛猫にはたんぱく質、繊維、オメガ脂肪酸など猫に必要な栄養が豊富なキャットフードがおすすめです。成分保証値を基にランキング付けをしています。
ダイエット
肥満猫のダイエットにおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介しています。太った猫は様々な病気にかかりやすいので、適切な給与量で低カロリーかつ健康的なキャットフードがおすすめです。
高級(プレミアム)
高級(プレミアム)キャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。価格が高いだけでなく、原材料の質と栄養バランスの良さを評価基準にランキングにしました。愛する飼い猫には高級(プレミアム)キャットフードがおすすめです!
食いつき(おいしさ)
食いつきが良くて猫にとっておいしいキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。猫は個体によって嗜好性が異なりますが、食いつきがよいキャットフードはあります。ランキング上位にはウェットフード、次にドライフードをおすすめしています。
おやつ
猫用おやつのキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。普段のキャットフードを食べない時やご褒美としておやつ(スナック)を与えるのがおすすめです。ランキング上位には口コミで大人気のおやつがランクインしています。