「獣医師推奨」と普通のキャットフードの違う点

キャットフードの広告で、「獣医師推奨」や「獣医師監修」といった謳い文句をよく見かけます。動物病院でも扱っているものでいえば、ロイヤルカナンサイエンスダイエットプリスクリプション・ダイエットを販売しているヒルズ(Hill’s)が有名です。獣医師と言えば動物の専門家ですから、多くの飼い主が「何となく健康に良さそう」と思うはずです。

 

しかしそういったフードの中には、原材料に穀物やミールなどが使われているものがあります。猫の体に良くないとされる材料なのに、獣医師が薦めるとは一体どういうことなのでしょうか。戸惑わずにはいられません。

 

「獣医師推奨」と表示できる基準はあるのでしょうか?動物病院に置いているにも関わらず実は危険なフードだった、なんてことはあり得るのでしょうか?消費者には分かりにくい「獣医師推奨」の真相について、今回は迫ってみたいと思います。

 

 

そもそも獣医師はフードに疎い?

結論から先に言うと、「獣医師推奨」に基準は設けられていません。各メーカーが獣医師数名に対して、キャットフードの栄養成分やバランスのチェックを依頼し、確認を取ったことが「推奨」となります。調査結果の詳細について公表しているメーカーもあり、推奨していること自体に相違はないかもしれませんが、獣医師がペットフードに詳しいという見方には疑問が浮かびます。

 

獣医師は大学で動物の診療や栄養学などを専門的に学びますが、ペットフードについて勉強することはありません。フードメーカーが行う講義はあるかもしれませんが、医療がメインである以上そこまで深くは掘り下げないでしょう。さらに犬猫だけでなく、ウサギや鳥など様々な動物を診察しなければならず、フードにまで手が回らないことは安易に想像できます。

 

食事療法による栄養管理の指導は行っても、一般的に獣医師はフードの知識を持ち合わせていないことが充分に考えられます。病気に罹った猫を看病している飼い主の方が、よっぽどフードの内容に精通しているのではないでしょうか。

 

 

獣医師とメーカーの結びつき

注目すべきは「獣医師推奨」という言葉ではなく、キャットフードの中身です。獣医師が監修したり薦めているキャットフードが全て該当するわけではありませんが、とんでもない材料が使われているケースも実在します。ショッキングな内容を目にするかもしれませんが、原材料欄の食材名を上から順番に検索してみるのもお勧めです。

 

では何故そのようなキャットフードが「獣医師推奨」と銘打ち、動物病院で販売するのでしょう。一部では、メーカーが獣医師会に多額の寄付を行っている、といったことが囁かれていますが、真実については不明です。

 

しかしメーカーは独自に研究を行い、試験データから導き出した栄養バランスに基づいて開発しています。その結果は学会でも発表され、他のメーカーが参考にすることもあります。

 

メーカーの営業が実際に各病院を回り、キャットフードの試供品を配りながら説明することもあるでしょう。利権や癒着というよりも、これらの企業努力が獣医師との結びつきを強くしていると考えられます。

 

 

原材料でジャッジすること

原材料にこだわって製造された、「獣医師推奨」のキャットフードはたくさん存在します。個人的に猫を飼っていて、キャットフードの知識に明るい獣医師もいるでしょう。今回この記事を通じてお伝えしたかったことは、原材料を確かめることの大切さです。

 

キャットフードも種類が増えて、随分と細分化されました。キャットフードの価格や健康リスクなど、考慮しなければならない要素が多すぎて迷うこともあるでしょう。そんなときは、愛猫を人間の子供と思って考えてみてください。子供は自分で食べるものを選べません。親から与えられたものだけを食べて育ちます。

 

この視点を持っていれば、どういったキャットフードを食べさせたいかが見えてきます。自分で食べてみる、というのも1つの物差しになります。耳障りのよい言葉だけで判断せずに、何が使われているか自分の目でジャッジしてください。

 



にゃん事典トップページへのリンク

関連ページ

ドライ、ウェット、グレインフリーの違い
キャットフードのドライ、ウェット、グレインフリーの違いをまとめて、どれが猫にとって最適なのか考察しました。
グレインフリーとは
猫は肉食なので穀物に多く含まれる炭水化物をうまく消化することができず膵臓に負担がかかるというデメリットがあります。グレインフリーキャットフードのメリットはアレルギー対策、下痢・便秘対策、肥満予防です。選ぶ際は猫の年齢や状態に合わすことが大事です。
切り替え方のコツ
キャットフードを変える場合は、1週間かけて徐々に新しいキャットフードへ移行することが大事です。急に餌を変えると胃腸を壊したり、吐いたりします。
賞味期限
キャットフードの賞味期限は猫が安全に美味しく食べられる時間です。ただし時間が経過すると風味や質感が劣化するので、できるだけ早めに消費することが大事です。
適正な給与量
子猫は体重に200kcalをかけた数値、成猫は体重に80kcalをかけた数値が一日必要なエネルギー量です。それを元に2〜3回に分けてキャットフードを与えるのがよいでしょう。各キャットフードの包装に100g当たりのカロリーが記載されているので、必ず参考にしてください。
酸化を防ぐ保存方法
キャットフードに含まれる脂質は酸素に触れると酸化し、猫の体内に蓄積して細胞をむしばんでいき、下痢やおう吐、発疹などの病気の原因となります。酸化をを防ぐには密封保存したり、できるだけ早く消費することが大事です。
保存場所と容器
キャットフードのドライタイプは一つの袋を長期間に渡って使用するため、適切な保存方法が必要です。また真空パックなど保存に適した容器を用いることで、品質の劣化をある程度抑えることができます。
食べない理由と対処法
猫がキャットフードを食べない理由は味の飽き・食器・環境の変化によるストレス・加齢・病気などが原因です。うまくキャットフードを食べさせるには、トッピングをつけたり、温めて臭いを強めたり、ローテーションで味に変化を混ぜたりすることです。
糞尿の臭い
臭いが強いキャットフードを食べると、その猫の糞尿の臭いも強烈になる傾向があります。茶カテキンが配合されるキャットフードは消臭効果があるのでおすすめです。ただし餌の切り替え方には気を付けてください。
フードボウル
猫が毎日使うキャットフード用のお皿(フードボウル)は、大きさ・深さ・重さ・材質の4点に注目して選びましょう。特に形状によって猫の髭があたったり、深すぎて食べにいことがあるので注意が必要です。
ねこまんま
白米に味噌汁や出汁を取った後の煮干し、かつお節、魚の骨などを混ぜた残飯がねこまんまです。ねこまんまは人間の残飯を用いるので、基本的にキャットフードの代わりにはなりません。しかし正しい知識を持って適切に作れば安全なキャットフードになります。
歴史
ペットフードは19世紀イギリスで生まれ、20世紀に入りアメリカを中心にドッグフードとキャットフードが販売されるようになりました。日本のキャットフードの歴史は1972年から始まり、経済成長に伴うペットブームと共に発展してきました。
飽きない理由
猫は人間と比べて味覚が鈍感ですが、苦味と酸味には敏感です。子猫から与えているキャットフードは飽きないことが多いですが、湿気や鮮度などで食べなくなることがあります。飽きさせないためには猫用ふりかけやおやつをトッピングするなどの工夫も大事です。
免疫力
猫の免疫力を向上させることで寿命を延ばすことが可能です。良質なキャットフードで善玉菌を増やすか、運動・ストレス発散により猫の免疫力をつけることが可能です。市販の安価なキャットフードは添加物や炭水化物が多く含まれており、悪玉菌が増えるので逆効果です。
トッピング
猫がキャットフードを食べない時は市販の猫用オヤツやウェットフードをトッピングを与えることで食べさせることができます。また牛肉や豚肉など手作り食材なども効果的です。トッピングを充てる際の注意点もまとめました。
危険性の高いキャットフードの見分け方
猫にとって危険性のある原材料をまとめました。有名ブランドのキャットフードにも有害な食材が使われている可能性があるので、成分表・原材料一覧をしっかりと確認することが大事です。
防災
災害発生時にペットをどのように守るべきかの心構えをまとめました。キャットフードは1ヶ月分備蓄しておき、キャリーバッグや首輪・リード、常用している薬、飲み水、トイレなどの身のまわりのアイテムも準備しておくことが大事です。
フードパズル
フードパズルは猫の狩猟本能を刺激することでストレス発散につながります。またキャットフードを食べるペースが遅くなり満腹感を得られるのでダイエット効果も期待できます。ただしフードパズルの注意点を守らないと弊害が生じることもあるので気をつけましょう。
長生きのヒント
飼い猫を長生きさせるために必要なキャットフードのポイントをまとめました。また、食事以外で気を付けたいこととして病気のリスクや原因も紹介しています。最終的には猫のQOLは飼い主次第なので、後悔しない飼い方を心がけましょう。