低カロリーで肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード

食べ過ぎたり、運動不足だったりすれば太るのは生物の摂理です。猫も例外ではありませんね。可愛い余りについついキャットフードを与えすぎていませんか?室内飼いの猫は特に運動不足で肥満気味になりやすいです。

 

太りすぎた猫は心臓や関節への負担が増えて様々な病気を抱えやすいので注意が必要です。そこで今回は低カロリーで肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介します。

 

まずはトップページで厳選したキャットフードランキングより、ドライフードの上位5ブランドの100gあたりのカロリー、1日当たりの給与量、1日当たりの摂取カロリー(熱量)を比較した表をご覧ください。ウェットフードは給与量がドライタイプより多くなり、当然太りやすいので除外しました。

 

ブランド

kcal / 100g

1日の給与量

1日の摂取熱量

カナガン

390kcal

40g

156kcal

アカナ

406kcal

45g

182kcal

モグニャン

374kcal

50g

187kacl

オリジン

406kcal

45g

183kcal

シーバ

405kcal

40g

162kcal

 

こうして比較してみるとなかなか面白い結果が出ました。まずカナガンキャットフードは比較的低カロリーで給与量も少なく済むので、結果的に1日当たりの摂取カロリーが一番少なくなっています。モグニャンキャットフードは100gあたりで見ると最も低カロリーですが、1日の給与量が多いので結果的に1日の摂取カロリーは平凡になっています。

 

最初から「肥満対策キャットフード」として販売されている商品は栄養素も削られており、見ると猫の成長と健康状態(毛並み・糞など)を損ねる可能性があります。そのため私は長期的な視点で栄養豊富かつ比較的低カロリーな商品のみ紹介します。

 

 

1位 カナガン

カナガンキャットフード

 

肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード1位は1日156kcalでカナガン(CANAGAN)です。穀物を入れないグレインフリーで、生後2ヶ月の子猫から老猫まで、全ライフステージに対応した総合栄養食です。たんぱく質が高めで、オメガ脂肪酸のバランスも理想的です。繊維はやや少なめですが、市販キャットフードの中では最も栄養バランスが高く、そしてバランスがとれています。

 

カナガンキャットフードの粒

 

人工添加物、人工保存料、着色料は一切使っていません。平飼いの鶏肉が主原材料(60%以上)で、その他には多種多様な野・植物・フルーツ等で栄養が整えられています。私の愛猫「卑弥呼」の食いつきも非常によく、快便もりもりです!ドライキャットフード選びに悩んでいる人に最もお薦めしたい逸品です。
>>カナガンキャットフードの評判と口コミはこちら

 

お値段はこちら

1.5kg 3,960円です。公式サイトが最安値で、定期購入で割引あります。

 

>>カナガン公式サイトはこちら

 

 

2位 シーバデュオ

シーバデュオ

 

肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード2位は1日162kcalでシーバ デュオ(Sheba DUO)です。は様々なペットフードブランドを持つグローバル企業マースのキャットフードブランドです。成猫用とは別に子猫用があります。

 

シーバ デュオの特徴は粒が二層構造になっており、カリカリの中がクリーミーになっています。また成猫用は1箱の中に4種類の味が用意されており、個別包装されているので非常に便利です。

 

200g(20g×10袋)で300円ぐらいです。大きめのスーパーやショッピングモールに置いていると思います。置いていない場合は若干高くなりますがamazonでも購入できます。
>>シーバ デュオの評判と口コミ

 

シーバ デュオ公式サイト

 

 

3位 アカナ

アカナキャットフード

 

肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード3位は1日182kcalでアカナ(ACANA)です。アカナはカナダ原産のグレインフリーキャットフードで、子猫からシニアまでのオールステージ対応です。全体的に栄養バランスが取れているのが高評価です。

 

アカナキャットフードの粒

 

アカナはカナダ国内で採れた食材だけを用いており、食材の品質にかける思いはペットフードメーカー随一です。フレーバーが鶏肉・魚肉・ラム肉の3種類あるので食にうるさい猫の健康維持にもおすすめですね。
>>アカナの評判と口コミはこちら

 

>>アカナ公式サイトはこちら

 

 

4位 オリジン

オリジンキャットフード

 

肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード4位は1日183kcalでオリジン(Orijen)です。オリジンはカナダのプレミアムキャットフードで人工添加物・保存料は一切含まれていません。そして市販のキャットフードの中でも最高クラスのたんぱく質含有率を誇るだけでなく、野菜やフルーツもたくさん含んだ栄養満点フードです。

 

オリジンキャットフードの粒

 

オリジンには鶏肉がメインの「キャット&キティ」と魚がメインの「6フィッシュ猫用」の2種類のドライフードがあります。それぞれがカナダ国内で取れた食材だけを使っており、生産者の徹底したこだわりを感じることができます。
>>オリジンの評判と口コミはこちら

 

お値段はこちら

公式サイトでは2.27kg 7,000円ですが、Amazonでオリジンを購入するほうが圧倒的に安いです。大容量になるほど割安になります。

 

>>オリジン公式サイトはこちら

 

 

5位 モグニャン

モグニャンキャットフードの外観

 

肥満対策・ダイエットにおすすめのキャットフード5位は1日187kcalでモグニャン(MogNyan)です。モグニャンキャットフードはカナガンの輸入総代理店である株式会社レティシアンがイギリスのペットフードの専門家と協議して開発したオリジナルブランドです。グレインフリーとして名が高いカナガンの良いところに加えて、よりキャットフードの理想形に近づくように1年以上かけて完成しました。

 

主食材が白身魚なのでオメガ3脂肪酸が高いのが特徴です。その分たんぱく質の割合は普通になっています。魚好きの猫におすすめですね。

 

モグニャンキャットフードをボールに入れた様子

 

主な原材料は白身魚が63%含まれており、ミールやエキスは使わず、猫にとって良質なたんぱく質を詰め込んでいます。また、バナナやリンゴ、クランベリーなど効果で栄養豊富なフルーツだけでなく、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが含まれるビール酵母も入れて総合栄養食としての付加価値を高めています。
>>モグニャンキャットフードの評判と口コミはこちら

 

お値段はこちら

1.5kg 3,960円です。公式サイトが最安値で、定期購入で割引あります。

 

>>公式サイトはこちら

 

 

 

以上5つのブランドを紹介しました。

 

猫は毎日の食事で健康状態が大きく左右されます。最近人間の子供でも言及されるようになりましたが、猫の「肥満は虐待」になります。子供や猫は「太ってはいけない」「肥満になると困る」という概念がないので、大人や飼い主にコントロールする責任があります。

 

もちろんキャットフードだけでなく、毎日少しでも遊んであげたりして運動させることも必要ですね。最近は一人で遊べるおもちゃがたくさんあります。私が飼っている猫は全くそういう類のおもちゃに興味をしめしませんでしたが(笑)。うちの猫は猫じゃらしや紐のような細長いものでヒラヒラさせていると飛びついてきます(笑)毎日5〜10分でも運動させるとエネルギー消費が増えるし、筋肉もついて骨格が良くなるので大事ですね。

 

ただ猫は長時間の運動(有酸素運動)は苦手なので遊びすぎには注意してくださいね。

関連ページ

子猫
子猫におすすめのキャットフードをランキングにして紹介しています。グレインフリー、ドライ、ウェット(パウチ)の3タイプがランキングに入っています。おすすめは異なるタイプのキャットフードをローテーションにして子猫に与えることです。
無添加で安全
猫にとって安全・安心できる原材料が使われていて、人工添加物・保存料、着色料などが入っていない無添加のキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。沢山ある無添加キャットフードの中から食いつき・安全度・おすすめ順にまとめました。
ウェットフード
人気のウェットタイプ(缶詰・パウチ)のキャットフードをおすすめ順にランキングで紹介します。ウェットフードはドライフードと異なり嗜好性が高いので人気があります。ランキング上位は安全でおすすめのプレミアムフードの総合栄養食です。
ドライフード
ドライタイプのおすすめキャットフードランキングです。子猫から高齢まで与えられる人気の総合栄養食です。小分けは保存が便利で、大容量タイプは激安です。ウェットと混ぜると食いつきがよくなります。ドライフードのランキング上位は安全でおすすめです。
グレインフリー
市販のグレインフリーキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。穀物不使用なので低カロリーで高たんぱく質です。原材料が厳選されるのでアレルギー体質の猫にもおすすめです。ランキング上位のグレインフリーキャットフードはイギリス産が多いです。
イギリス原産
ペット先進国と言われるイギリス原産のキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。イギリスではキャットフードの品質基準が厳しいので、ランキングでは猫にとって最良のおすすめブランドを見つけられるでしょう。
アメリカ原産
世界で最も多種多様なブランドがあるアメリカ原産のキャットフードをおすすめ順にランキングにしました。アメリカも食品審査基準が非常に厳しいのでランキングでは安心できるおすすめのキャトフードだけ厳選しています。
栄養価が高い
栄養価の高いキャットフードを厳選して、おすすめ順にランキング形式で紹介します。愛猫にはたんぱく質、繊維、オメガ脂肪酸など猫に必要な栄養が豊富なキャットフードがおすすめです。成分保証値を基にランキング付けをしています。
高級(プレミアム)
高級(プレミアム)キャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。価格が高いだけでなく、原材料の質と栄養バランスの良さを評価基準にランキングにしました。愛する飼い猫には高級(プレミアム)キャットフードがおすすめです!
食いつき(おいしさ)
食いつきが良くて猫にとっておいしいキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。猫は個体によって嗜好性が異なりますが、食いつきがよいキャットフードはあります。ランキング上位にはウェットフード、次にドライフードをおすすめしています。
おやつ
猫用おやつのキャットフードをおすすめ順にランキング形式で紹介します。普段のキャットフードを食べない時やご褒美としておやつ(スナック)を与えるのがおすすめです。ランキング上位には口コミで大人気のおやつがランクインしています。